未来を変える日記

未来を変えたいと願う全ての人に向けて

マルチボディシステム運動学/動力学の基礎

7/5-6 で日本機械学会主催の講習会を受講してきました。私費参加です。

場所は駒場にある東京大学生産技術研究所。

f:id:corgi-eric:20180707124944j:plain

受講したのは、以下の2講座。

マルチボディシステムとは、当方の理解だと、例えば下の動画のようなロボットアーム。で、その制御に役立ちそうな講座でした。

 

講義は、行列(線形代数)の復習から開始。こういう感じっす。学生時代に学んでるはずなのですが、かなり抜けてますね(;´・ω・)

f:id:corgi-eric:20180707131748p:plain

 

2日目。3次元の回転コマの運動を数学で表現する所に到達。正直、細かな理解は追いつきません。何をどうすると、どうな結果が得られる?で、それは何に使えそうか?という視点から眺める。

f:id:corgi-eric:20180707133135p:plain

 

最終的には、キャタピラで動くブルトーザーの動きを再現する所まで。

f:id:corgi-eric:20180707135033p:plain

 

2日間で計12時間の講義。高密度の授業でどこまで理解できたかは少々心配ですし、このマルチボディ解析で飯を食べるのは中々ハードル高そう。それでも、学問としての課題へのアプローチ、取り組み方を学べたのは収穫でした。

今後も年一回位は、こうした講習会を聴講していこうと思います。

 

おわり。