未来を変える日記

未来を変えたいと願う全ての人に向けて

ロードバイク:輪行で長野へ(準備編)

www.masa-nakajima.com

 計画編(上のリンク先)からの引き続きで準備を行う。不必要に仰々しくすることは無いのだけど、無事に帰れるよう、できるだけ事前に知恵を絞って置くのが大事だと思う。慣れてきたら手際も良くなるね。

準備が必要な項目

この辺だろうか?詳細を以降で記述。

  1. ロードバイク輪行の要領
  2. パンク対策品を揃える
  3. ビンディング シューズへの切り替え(必須ではないけど)
  4. ナビゲーション
  5. パッキング

1.ロードバイク輪行の準備

 前後のタイヤを外して輪行バックに詰めると電車で輪行できる!という話は前々から聞いてはいた。だが、やったことは無い。加えて、ディスクブレーキ車なもので輪行できるのか?は、よく分からなかった。

 購入元のBicycle Park O2 に相談。以下を揃えた。併せて具体的な輪行のやり方もお店で教えて頂く。

  • 輪行バック:オースリッチL-100(写真左下)
  • エンド金具:タイオガ リアエンドホルダー2(写真右下)
  • 保護カバー:前後のブレーキディスク用、リアのスプロケ用(写真上部)
  • ブレーキパッド用のスペーサー(写真中央右の赤いヤツ)

f:id:corgi-eric:20190817191135j:plain

2.パンク対策品を揃える

 トラブルはあるものと考えないといけませんが、方々のブログ記事を読むと、スペアパーツまで準備していく猛者がいる一方、万一の場合は最低限走れるようにして最寄り駅や自転車屋に行ければ良い!としている経験者が多い。

 後者で考えるなら・・・

  • 輪行グッズ(自走不能ならクルマを呼ぶ)
  • パンク対策キット(可能なら自走できるように修理)

で大半のトラブルは対処できそうです。

 既に持っていたものも多いですが、新たに予備チューブとインフレータボンベ2本を買い足しました。ポンプ以外は、サドルバックの中に詰め込めました。レースもこの構成でいけちゃうかもですね!

    • 携帯ポンプ(写真左)
    • サドルバック(写真中央)
      その中身:
      • インフレーターボンベ2本とアダプタ(写真右上)
      • 予備チューブ2本(ボンベの下)
      • タイヤパッチ(チューブの下)
      • タイヤレバー2本(写真下)
      • アーレンキー(写真右)

f:id:corgi-eric:20190817193741j:plain

 チューブ2本の大きさが違いますが、小さい方は値段の高い高性能チューブ。何かの機会にチューブ2本を、両方とも高性能タイプにすれば、満杯のサドルバックに、もう少しスペースを確保できるかも?

 サドルバックと携帯ポンプの取り付け位置。サイクリング用にサドルバックを大きくするとかは考えてなくて、多少不便でも、そのままレースでられる装備のままにしときたいですね。

f:id:corgi-eric:20190817193627j:plain

3.ビンディングシューズへの切り替え

 必須ではありませんが、ママチャリと同じフラットペダルのままでは足が滑ることは実感できてきましたので切り替えることにしました。大雑把に・・・

  • SPD-SL(装着部分が広いが、バイクを降りると歩きにくいシューズ)
  • SPD(装着部分が小さいが、バイクを降りても歩きやすいシューズ)

の2種類があり、それぞれメリット/デメリットが相反する。当初は初心者向きとされるSPD規格、あるいは両規格対応のシューズの腹積もりでした。しかし、レース志向ならSPD-SL+専用シューズが良いとの話。

 これは、やってみてわかりましたが、SPD-SLで歩けないことは無いし、脱着もなんとかなる。逆に、装着部分が広いため、足への負担が分散されてる感にメリットを感じました。

 競技志向でいくならSPD-SLを選んで正解ですね。

f:id:corgi-eric:20190809193702j:plain

4. ナビゲーション

 以前の日記の通りで、事前計画のルートを読み込ませたガーミンのFenix 5Sのナビ機能を使います。それでもわからない場合にスマホを利用。当日は、何度かコース外れをしてしまいましたが、これで十分でした。

www.masa-nakajima.com

5. パッキング

 写真に写ってないのもありますが、上記で述べて来たもの以外の準備品。

  • フレームのボトルゲージにボトル2本(スポドリとお水)
  • 補給食
  • 軍手(輪行作業用)
  • 折り畳める靴(ビンディングシューズを脱いだ時用)
  • ワイヤーロック(コンビニ立ち寄り用、長いヤツ)
  • ドイターのリュック(10リットル位の)

 今思い返すと、軍手と折り畳み靴は無くても問題なさそう。あと、リュックは腰への負担になってそうなので、今後は何も背負わず、補給以外はバイクのフレームに括りつける方向で行きたい。

f:id:corgi-eric:20190819200721j:plain

 長かったですが、、、ようやく当日編へ。

 

www.masa-nakajima.com