未来を変える日記

AIエンジニアとトライアスロン

碓氷峠(旧道)ヒルクライム

f:id:corgi-eric:20191208204319j:plain

碓氷峠のめがね橋にて

 群馬県から長野県軽井沢町へ抜ける碓氷峠の旧道。バイパスが開通(1971年)し、無料開放(2001年)されまして、今の旧道にやってくる自動車は少なくなりました。旧道と言っても国道だからか道路状況は大変良く良くロードバイクには走りやすい群馬のスポットの一つとなっております(下記参考記事)。

noboranaindesuka.work

 で、ちょっと寒いかなぁと思いつつ走ってきました。

 計画

 高崎出発で目的地は軽井沢町の星野温泉トンボの湯。

 トンボの湯でクルマ移動の両親と合流、コーギーさんと遊び、バイクはクルマに積載して帰宅するという計画。これで、50kmほどのヒルクライムとなります。

f:id:corgi-eric:20191208204526p:plain

耐寒装備

 12月8日の軽井沢町の天気予報は-4~+4度でした。

f:id:corgi-eric:20191208222801p:plain

 日中を選んで走っても結構寒そうです。寒い時期で悩ましいのがウェア。

 冬場のランニングもそうですが、動き出すと暑いし、停まると寒い。ロードバイクの場合、これに走行風が加わります。で、各所のブログ記事を参考にしつつ、夏から着まわしているロードバイクウェアに次の防寒具を追加装備することにしました。

  • サイクルキャップ(耳まで覆える帽子)
  • ウィンドブレーカー
  • 秋冬用グローブ(気温目安5度)
  • アームカバーとレッグカバー
  • シューズカバー

 ウィンドブレーカーは自転車用で着用してもバタバタせず、仕舞っておくにも軽量でコンパクトなもの。結局、装着せず、終始、ジャージの背中ポケットでしたが、長いダウンヒルや停車が長引く場合に必用になると思います。

f:id:corgi-eric:20191208204958j:plain
f:id:corgi-eric:20191208205009j:plain

 他、念のためにとホッカイロも準備しときましたが、漕ぎだすと程よく暖かくカイロは必要ありませんでした。 と言う訳で、0度以上なら上の装備で行けるはず。

ライド

 漕ぐのを止めると寒くなりそうでしたが、天気は良く空気も澄んでました。ただ、群馬特有の空っ風が強く、西に向かおうとするとペダルが重い重い (;´・ω・)

 下の写真は松井田妙義ICあたりです。

f:id:corgi-eric:20191208215553j:plain

松井田妙義IC付近

車載動画(横川~めがね橋)

 BGMはありません。聴こえるのは、おっさんの息遣い ( ´艸`) 画面端の速度と勾配表示は、Garmin VIRBというソフトを使うと入れられました。

www.youtube.com

 所で、動画として、あとから視聴すると気が付くことがでてきます。ラインが乱れすぎですね。これがロードレースだったら危なくて集団走行できない。今後は意識してまっすぐ走るようにしようと思います。

星野温泉トンボの湯

 クルマで来ていた両親と合流し、先ずは風呂。コーギーさん撮影会。村民食堂で昼飯。

f:id:corgi-eric:20191208221044j:plain

f:id:corgi-eric:20191208221058j:plain

トレーニング記録の振り返り

 当初3時間以上かかるかと思ってましたが、2時間45分位で到着。毎回毎回、条件が変わりすぎてて自分の力量が向上しているのか、停滞しているのか、よくわかりませんです。

 ロードバイクの場合、パワーメータがあると、どの位、頑張れたか?を数値化できるそうなので、欲しいなぁと思ってしまいます。値が張るものなのでまだ踏ん切りがつきません。

f:id:corgi-eric:20191208220137p:plain

 他、今回も心拍計の反応が鈍いです。体感値が明らかに140bpm以上の時も、70bpm位で記録されています。室内のローラー台だとちゃんと反応し、屋外ライドだと反応しない・・・となると、故障ではなく、何か原因がありそうです。

 別の機会に考察したいと思います。