未来を変える日記

未来を変えたいと願う全ての人に向けて

ひたちなかエンデューロ(1時間)

11/10の日曜日はロードバイクのレースに参加してきました。最下位でした!( ̄▽ ̄;)

f:id:corgi-eric:20191110114925p:plain

http://bikenavi.net/09Hitachi2019/index.html

種目は1時間のエンデューロ

 Wikipediaを読むと、本来のエンデューロとは「未知のコースを走り、競争ではなく完走を目指す競技」とありますが、地理的な制約もあり、日本でいう所のエンデューロは、制限時間内にコースをグルグルと周回して、その周回数を競うレースです。

ja.wikipedia.org

 定義的な話はさておき、前述のエンデューロは、トライアスロン3種目のバイクパートに近いかな?と期待して参加することにしました。一方で、周回数を競うなら、3時間位は走り続ける方が良いと思いますが、先ずは・・・

  • 自転車のレースに出て無事帰ってくるのが目標です。

 地味でも、一人で、機材を準備、コースに整列して、安全にレースして、帰還できるように経験を積んでおかないとレースそのものができませんからね。

流星号(ロードバイク)の準備

 前日の晩に、サドルバック、ボトルゲージ、ライトなどレースに不要なものは取り去っておきました。スッキリ!

f:id:corgi-eric:20191110120650j:plain

会場入りから整列

 11/10日の朝7:45レース開始ですが、その前に・・・

  • 受付
  • ゼッケンと計測チップ取り付け
  • コース試走(最低一周はするようにとのアナウンス)
  • ミーティング

とあり、到着6:50ではギリギリになってしまいました。余裕を見て行動しないといけない話ですが、これも経験。

 ミーティングでは、落車の多い危険エリアの話がありました。集団走行時の接触の話もありましたが、多分追いつけないから大丈夫かな。他は・・・

  • キープレフトで左に寄っておく
  • 追い越しは十分な距離を開ける
  • ハンドサイン、声掛けで注意喚起する

他、整列すると他の方の装備が分かります。皆さん、1時間でも給水ボトルは付けるんですね。(実際、後から振り返ると付けた方が良かった気がする)

f:id:corgi-eric:20191110121043j:plain

ローリングスタート

 先導車に続いて走り出し、コースをある程度走った所で、緑の旗が振られます。これでレース開始です。

f:id:corgi-eric:20191110121618j:plain

 スタート後、皆さま、あっという間に見えなくなりました。下の写真は、レース開始後30分位のものなんですが、丁度周回遅れにされている所であります。

 コースは一周4.1kmとあるので、平均速度で8km/h位は違う!

f:id:corgi-eric:20191110122252j:plain

振り返り

 そんなこんなで最下位ゴールとなったわけですが、Gamin Connectでデータから振り返ってみます。

  • 平均速度 29.5km/h ⇒ 30km/h超は未達
  • 平均ケイデンス 92rpm ⇒ ここは想定通り
  • 平均心拍数 129bpm ⇒ 全く追い込めていない!

 という分析でした。

 先ず、速度ですが、振り返るとコーナリングで無駄に減速していた気がします。端的に言えばコントロールスキル不足。ケイデンス(ペダルの回転数)は、90rpm目標としていましたので、想定通りに漕げたはず。

 最後に、心拍数。足が痛かった先の下関海峡では平均158bpmで4時間でした。今回、足は痛くないのですから、もっと心拍上げれば車速も上がったはずでした。

 要は、全く追い込めていない。克服すべきは恐怖心でしょうかね。引き続き、ガッツリと実走を重ねていく必要があると思いました。


f:id:corgi-eric:20191110122758p:plain

次のレースは?

 決めていませんが、次回のロードバイク競技もエンデューロで行くなら、4月見込みのもてぎのエンデューロが良いかも?と考えてます。榛名のヒルクライムも楽しそうなので悩ましいですけれど。