未来を変える日記

普通を目指すな、突き抜けろ!

3本ローラーの話

 

3本ローラについて

 ところで、当方が購入した3本ローラーについて。

f:id:corgi-eric:20191215200716j:image

 MinouraのLiveRoll R720にしました。Minouraでは定番的なモデルのMoz-Rollerに比べて携帯性に劣るものの、R720はローラー径が大きく(径が大きいと工作精度が高まるので騒音で有利)、上位機種のR800と同様の堅牢設計。それでいて本体重量が10kg程度(R800は約20kg)と扱いやすい重さなのでR720を選んでいる。

 難点はR800に比べ左右幅が狭い(R720:360mm、R800:450mm)ですが、ロードレースでの集団走行を考えると、この程度の幅で落車しちゃぁいけません。

ローラー台を30分

  さて、本日のローラー台は以下のメニューで実施。

  • 5分:ウォームアップ
  • 5分:片足ペダリング(ビンディング外して回す)
  • 5分:片手離しペダリング
  • 5分:両手離しペダリング
  • 5分:ハイケイデンス練習
  • 5分:高速度練習(ギヤをアウター・ローで速度上げ)
  • クールダウン

片足ペダリングについて

 片足ペダリングはどうにも右足側が難しい。怖くてビンディングを外せない。しかし、咄嗟の状況(落車など)での危険回避には必須スキル。引き続き練習あるのみ!

片手離し/両手離しについて

 これはハンドルに寄りかからないための練習です。実走では疲れるので、時には寄りかかっても良いとは思うのですが、特にコーナリング中やフルブレーキをかける場合、ハンドルから荷重を抜きセルフステア機能を殺さないように注意しないといけません。

www.goobike.com

ローラー台を回しながら・・・

 今回はツールド宮古島の動画を見ながら回しました。集中力の妨げになるので、見ない方が良い?とも思ってましたが、今は逆に見ることにしました。で、ちょっと思う所を書いてみようと思います。

www.youtube.com

ローラー台を回しながらする事項

 ブログ記事などで各方面のローラー台事情を調べますと、大体下の3派にわかれるようです。

  1. Zwiftをする派
  2. 何も見ない派(筋肉との対話が大事!)
  3. アニメや動画などを見る派

 1番のZwiftは、自分も数か月前までやってたのです(下の写真)が、自分には要は画面の中でキャラクターが動くだけにしか感じられませんで・・・結局辞めてしまいた。メニューを決めてやりたいので、バーチャル世界でのグループライドやレース的なものも特に必要ない。。。

f:id:corgi-eric:20191215204216j:plain

  2番は下の引用記事(固定ローラーの話ですが)のようなストイックさに溢れてて、やはりこれか!と思って、やってみましたが・・・当方がやると、自然とサイコンの数値とフロントタイヤばかりを眺めてしまってて、何かが違う。

音楽きかない、何か映像見ないと飽きるのは、意識の向け方の問題ではないだろうか。本当の固定ローラー練習には、2時間走り続けても飽きることのない豊富な情報が溢れている。なぜ気づけていないのか?を問い直してみるといい。

https://masujiro.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-f9da.html

 なので、今は3番の、動画を視聴する方向にしています。3本ローラーなので余計な刺激があると集中力がそがれてしまうのは確かなのですが、あえてそういう環境でやるべきなんじゃないか?と考えたのです(無意識レベルで車体を安定させられるように)。

 但し、視聴するものがアニメとかだとストーリーに没頭してしまって、これはこれでトレーニングから離れてしまいます。なので、Youtubeでロードレースやヒルクライム大会の車載動画を探してきて、それを流しながら回すことにしました。