未来を変える日記

宮古島トライアスロンとAIエンジニアを目指して

75km走に行ってきた(その2:実走)

前回の記事で準備辺りまでを記載しました。今回は実際に走った話。

www.masa-nakajima.com

5時起床のはずだったが

 はは、8時起床でした😞 

f:id:corgi-eric:20191215195726p:plain

 どうにも、土曜朝は平日の疲労が出やすい。しかし、日曜延期では翌日月曜に影響しかねないし、先週も失敗している。。。来週延期だとそのまま本番の1/19になりかねません。

天候チェック

 6時スタートの予定を遅らせて、10時スタートとした場合・・・

 心配になるのが50キロ以降の後半戦の気温です。日没は16時26分!10時スタートだと、太陽☼様によるサポートは6時間半しか期待できず、その後の夜間で冷え込むのは確実。ただ、予報を見ると、そもそも朝が雨でその後も曇り予報のお陰か、夜間も日中と気温はさほど変わらない。夜間でも5度以上あることも確認できました。

 これなら、行けそうだ。

f:id:corgi-eric:20191222150249p:plain

序盤は雨(0km)

 ひたちなか市自宅近く。カメラに水滴が付いております。6時スタートしてた場合、寒い+雨となってたので、案外これで良かったのかもしれません。

f:id:corgi-eric:20191222151333j:plain

茨城町あたり(13km)

 歩道がなくて走りにくいのですが、このあたりから補給を開始します。

f:id:corgi-eric:20191222152033j:plain

 今回の計画は、20分毎にスポーツようかん(110kcal)を1本。1時間で330kcal。当方の体重だと1時間の運動で600kcal位の消費になり、糖分消費分が半分の300kcalなので、そことバランスさせます。

 但し、前回の50km走で、これだけでは基礎代謝(1500kcal/日、60kcal/時間)の分が足らないのを確認しているので、途中のコンビニで食事をとり足らない分を補います。

鉾田市(30kmあたり)

 一面に広がる、畑、永遠に続く道。ビュンビュン走り抜けてゆく自動車。歩行者も自転車もおりません。まだまだ元気ですが、疲労感もでてきて孤独感が強まる辺りです。

f:id:corgi-eric:20191222153151j:plain

 34km辺りのコンビニで小休止。基礎代謝分の栄養(バナナ2本、飲料1本で200kcal位)を補給しておきます。

鉾田市北浦(42kmあたり)

 右に見える湖が北浦で霞ケ浦の東側にあります。のどかすぎて誰もおりません。寂しい。。。

f:id:corgi-eric:20191222153620j:plain

 そして、腕のガーミンからバッテリー残量警告が。。。

 当方が利用しているFenix 5Sの稼働時間はトレーニングモードで12時間。42キロ(4~5時間)で警告が出るはずはないのですが、ナビ機能を使用していたことでバッテリーの減りが大幅に速くなってしまったようです。

 設定変更でUltraTrack(GPS精度を落とす代わりに、最大28時間持続)に切り替え。更にモバイルバッテリーで充電することとします。

 時計が常時見られないとモチベだだ下がりですが、この経験でレース本番もUltraTrackで使うわないと行けないことは認識できたかな。

国道51号へ(50km辺り)

 水が枯渇したので、自販機で給水。暗く寒くなってきたので、ウィンドブレーカーを羽織ります。モチベが下がってきて歩きも増えてきました。しかし、次の分岐で国道51号ですから、道に迷う心配はもうありません。

f:id:corgi-eric:20191222154916j:plain

国道51号(55km辺り)

 この辺りで固形食を食べるのに抵抗感を覚えるようになってきました。無理すれば食べられるかもしれませんが、嘔吐はしたくありません。寒さも影響してる気がする。加えて、さっきから歩いてばかりいます。膝は大丈夫なんだけどね。足を持ち上げる気力が湧かないというか。。。

 で、色々、考えまして・・・

  • 固形食はここまでにする
  • 以降はジェルとスポーツドリンクを摂取
  • アニソンを解禁!

 日頃音楽は聴かないのですが、もうダメだ。。。
 丁度、弱虫ペダルを視聴していたので、1期のEdをリピートで永遠と流し続けます。

www.youtube.com

弱虫ペダルにも類似のシーンがある

 余談ですが、インターハイ2日目で体調不良に陥ってしまった田所先輩を引っ張るために、二人でヒ~メ、ヒメ!と歌いながらヒルクライムするシーンがあります。

semiotics.blog.jp

 音楽を聴きながら(弱虫ペダルでは唄いながら)は、二つの利点があると思います。

  • リズムを取ってくれる
  • 脳のリミッターを解除してくれる

真面目に考えると、ペーサーも沿道の応援もない単独走では、どちらもとても重要な要素です。音楽は、身体が痛くても、気を紛らわせつつ、リズムに合わせて足を前に進める有効な手段になりえます。

脳は賢い。つくづく思う。あの手この手で僕のじゃまをする。ウルトラマラソンはある意味、脳との闘いだ。脳は隙があれば走るのをやめさせようとする。これまでもそんな脳と戦ってきた。僕はいつまで戦うのだろう。

違う自分になれ!岩本能史,p25

最後のピットイン(63km辺り)

 GoProは夜間が苦手なようで、もう何だかサッパリ写真ですが、ファミマです。イートインがありがたい。ここで最後の補給と休憩、Garminの充電も行います。

 残り10キロちょっと、行けるはず。

f:id:corgi-eric:20191222161204j:plain

自宅近く(76km)

f:id:corgi-eric:20191222170720j:plain

 ヘッドライトのバッテリーが切れてしまいました。。。

 真っ暗。自宅近くで、交通事故が心配な難所はもうないので良かったが、こういう場合に備えた予備が必要ですね。

 それでも、無事帰還できました!

 10時出発で帰宅は22時。休憩を除いても10時間近く外を走っていました。

次の記事で最後

www.masa-nakajima.com