未来を変える日記

毎朝4時起床で人生を変える

Laptop Etiquette (7) 感想文の英訳

f:id:corgi-eric:20200104223844j:plain

 前回、NHK実践ビジネス英語11月号(下)のLesson 16 Laptop Etiquetteの学習を完了したと書いたが、テーマについての自部自身の意見が和文のままであった。今回は、その英訳記事である。
 以下、各々の和文に対応させた英訳文、更にその下に英訳時に気が付いた事項を赤文字箇条書きで記載する。なお、英作文と見直し、ブログ記事作成で3時間ほどを要した。

感想文(英訳付き)

 今回は、大学授業やセミナー講義のメモ機としてパソコンを使うと、キーを叩く音がうるさくて周囲に迷惑をかけるし、ネットとか余計なものを見てしまって結局講義に集中しなくなる、だから授業によっては、そうした電子機器の持ち込みを禁止している所もあるが、どうなんだ?というテーマでした。

   This time, the themes are using laptops as note taking machine for university and seminar lectures. Their key typing noise may bother other people in the room, and what makes it worse their temptation to the internet and other extra may reduce your concentration to those lectures. Therefore, some lecturers ban bringing such electronic devices in the class room while the others disagree with it.

  • メモ機 = note taking machine。note taking toolでも良いかも?
  • 結局 = what makes it worse。行きつくところは悪い結果なので。
  • どうなんだ? = some ~ while the others ・・・ に置き換え。直訳とは違うが文章への収まりが悪い。自分の文章ですが、和文の構造が宜しくなかった。。。

 音読してみて気になった論点は以下の通り。

  1. キーを叩く音(うるさくないか?)
  2. インターネットとかゲームによる誘惑(集中しなくならないか?)
  3. 電子機器持ち込み禁止ルールの是非(謎ルールになってないか?)

  After reading aloud, I found the following points for discussion.

  1. The key typing noise. (Isn't it annoying?)
  2. The tempteation to the internet, games and etc. (Doesn't it reduce concentration?)
  3. The reasoning to ban electric devices from class rooms. (Is it rational?)
  • 論点 = points for discussion。議論のためのポイント
  • による誘惑 = the temptation to... テキスト学習した英語表現を流用
  • 是非 = the reasoning。前の二つの箇条書きがthe... で始まってるので、right or wrongで文章を疑問形で終えるのは収まりが悪いため。なお、reasoning = 論法。「電子機器の教室持ち込み禁止にする論法」となる。
  • ban X from A = AからXを禁止する(持ち込み禁止)。なお、例文検索で次の文章を確認している。Any car which fails to finish a stage is banned from competing in the rest of the race.’ (Lexico.com)

 先ず、当方の話を書くと、講義のメモ機としてのパソコンが便利かどうか?は判断しきれていない

 First of all, from my own experiences, I am not clear yet to say whether laptops are useful note taking machine. 

  • not clear yet to say ~:~を言うには十分精通していない(判断しきれない)

 やってみて便利だった場合もあるし、パソコンを持ち込むのには抵抗を憶える空気感のセミナーもあったから。周囲にどう思われるか?はかなり重要な要素でして、今の当方がやるなら、パソコンではなく、スマホ(iPhone 7 plus)にBluetoothキーボードの組み合わせになるかなと思う。

   It was because in some seminaors my laptop was very useful while the other seminars gave me a bad feeling to bring it in the room. How they feel is one of the most important factors for me; therefore, I would like to use a smart phone (iPhone 7 plus) conbined with a bluetooth keyboard rather than using a laptop.

  • a bad feeling = 悪い印象(空気感)。映画スターウォーズの頻出表現( ´艸`)
  • how they feel = 周囲がどう感じるか?theyを使ってよいのか少々悩ましいが、文章の流れで明白なので、シンプルな表現にしておく。people in the class room with me and a lecturer at the podium(自分と共に教室にいる人々と教壇に立つ講師)じゃ、正確性は高まるけど長い。

 ゲームやネットの誘惑はどうでしょう?自分自身は、あまり不都合を感じません。 むしろ、強制的にOFFな時間を設けられる方が、講義に集中できる気がします。自分が講義する側だったら??大学生以上は自主的な判断でどうぞと思いますが、高校生以下は持ち込まない方が良いかもしれませんね。

  How about the temptations to the games and internet? Personally I do not feel any big disadvantages. Rather, it seems to increase concentration by forcing ourselves to have off times during lectures. Then, if I were at the podium side?? I would say university students and those in higher levels should decide by themselves; but, it may be better to set laptop bans for students in high schools and lower level educations.

  • the gamesを無冠詞のgamesにするとボードゲームも含んでしまう。ここではパソコンでやるPCゲームのことだと特定されるので、the games で冠詞を付ける
  • 不都合 = disadvantages(不利益)。当初、inconveniency だと思って辞書を引いたら、そんな語は無いんだってさ。( ´艸`)
  • 講義する側 = at the podium side(教壇に立つ側)
  • 大学生以上 = university students and those in higher levels(大学生及びより高いレベルに居る者)。「以上」の英訳は結構悩ましい。

 最後に持ち込みルールですが、私自身は、講義・セミナーをやる側が決めるのは当然だと思いますし、それが誰かの自主性を奪うとも思えません。パソコンをカメラに置き換えて考えると分かりやすいと思います。録画されては困るセミナー、録画OKのセミナー色々ありますからね。

   Lastly, regarding carry-in rules, I think it is one of natural responsibilites of lecture and seminar provider side, not depriving anyone of independency. Here, translate laptops into cameras in the class room; you can easily find there are various seminars some of which do not allow recording while the others accept it.

  • 持ち込みルール = carry-in rules。米国で飛行機に乗ると、carry-in bag(機内持ち込みカバン)なんて表現を見かける。
  • ××から〇〇を奪う = deprive XX of 〇〇。辞書を引くとcurtail(権利を奪う)という単語もある。
  • 分かりやすい = can easily find(簡単に気が付くことができる)

今後について

 これで11月号は終わり!!次はNHK実践ビジネス英語の1月号に進みます。

 あと気晴らしに英語吹替のあるアニメBlu-rayを入手してリピート視聴もする予定。作品が決まらないが。。。