未来を変える日記

普通を目指すな、突き抜けろ!

Overprotective Parents (1):日本の子供は地下鉄に乗る!

f:id:corgi-eric:20200109064413j:plain

 今日から1月号に入ります。初回テーマは、Lesson 19 Overprotecting Parents(過保護な親たち)。今回はLesson 19(1)を2時間ほど学習したのでその内容を記事に致します。

Today's vignette

 息子の就職面接に親父がやってきたヨ!という雑談からスタート。今のアメリカには親が子育てを中々卒業しない問題があるそうな。

 で、いや~日本にもあるんですよ、似たような問題が、、、と返したら。日本の子どもは小学校1年生までに地下鉄に独りで乗るじゃん!というツッコミが入る。

 ※ 日米で地下鉄の認識がちょっと違う気がした(個人的な感想です)

f:id:corgi-eric:20200109063137j:plain

Dictation(所要時間1時間)

 聴き取った英文を書き出してテキストと答え合わせする学習法。正確に聞き取るには英語の総合的な理解が不可欠でとても良い勉強法だと思う。進みが遅く骨が折れますが。。。

 答え合わせすると間違いは常に沢山見つかりますが、ここでは、その中で特に恥ずかしかった聞き間違いを反省文と共に書き出してゆく。

  • we've just had a our first case...
    aと聴きとったが、正解はour。firstに冠詞が付くならthe。
  • we didn't offer his father's father a position here at...
    father's と聴きとったが、正解は father a.. 第4文型(SVOO)の認識漏れ。
  • I've heard that how some parents...
    heard と someの間に何か言ってるなーとは思ったが、howだったか。
  • I guess there is a they're the cousins of...
    there is a では文章がおかしいのだが、そうとしか聞き取れなかった。。。
  • how tight arien a rein did your parents...
    a reinで手綱だけど、単語力不足でarienと意味不明な書き取りになった。。。
    ただ、reinのスペルはネイティブも良く間違うらしい(講座内で解説があった)。

音読(所要時間20分)

 今回は以下のメニューで実施。

  • オーバーラッピング2回
    モデル音声とピッタリ合わせるようにして音読する。これをやると、ついつい言い淀んでしまったり、引っかかる場所(スラスラ喋れない言い回し)が見えてくる。
  • 単独での音読2回
    モデル音声は使わず、自分自身で音読する。前のオーバラッピングでの引っかかりや言い淀みをここで矯正する。
  • シャドウイング(テキスト見ながら)2回
    モデル音声を追いかけるように音読する。先ずは緩めにテキストを見ながら。シャドウイングは、リスニングとスピーキングを同時に鍛えられる最強の音読。
  • シャドウイング(テキスト無し)2回
    最後にテキストを閉じてモデル音声を追いかけるように音読して仕上げる。

音読の振り返り

 音読してみて気が付いたけれど・・・

  • ... riding the subway alone by first grade
    firstの前に、ついつい不要なthe を入れてしまう癖がある。

Words and Phrases

  • at liberty to ... = する自由がある
  • hear through the grapevine = 人づてに聞く、噂を耳にする

 grapevineって会社の名前かと思ったけど、そうではなくて、上の組み合わせで、噂を耳にするという意味になるそうだ。grapevineはそのままブドウの事ですが、実があちこちになる様子が噂話の伝達イメージだそうな。面白いですね!!

f:id:corgi-eric:20200109063307j:plain

それではまた次回に!