未来を変える日記

宮古島トライアスロンとAIエンジニアを目指して

MENU

ブログ副題からPython学習へ至った話

ブログ副題 ⇒ Python

副題を悩みだしたのがきっかけでした。 

以前のスローガン的なものから、より具体的な「宮古島トライアスロンとAIエンジニアを目指して」に変えることにしたのです。ブログ執筆を通じて自らの目指す先が明確になったような気がした瞬間でした。

AIエンジニア?

f:id:corgi-eric:20200209150100p:plain

目指すべき道というものは40歳を超えても他にも色々あるものです。それでも、ブログの副題に据えることにしたのは、次の理由から。

  1. 比較的新しい分野で市場の拡大が期待できる。
  2. ネット/書籍などの公開情報が多く学習環境を整えやすい。
  3. 現職への活用も期待できる。

理由1:新しい分野

例えば、スマホ。その登場は1992年。初代iPhoneの発売が調べると2007年でした。そして、2017年には、個人スマホ保有率が75%にまで伸びています(資料)。

新しい分野であるAIには、市場の成長が見込め、その伸びた分はチャンスになるかも?という期待です。

 

f:id:corgi-eric:20200209150347p:plain

理由2:学習環境を整えやすい

例えば、ピアノを始めるなら、家にピアノが必要になります(当然)。省スペースなアップライト、無音で練習できる電子ピアノもありますが、高い所を目指そうとすると、どこかでグランドが必要なんですよねぇ(鍵盤のタッチと出る音が違う)。

f:id:corgi-eric:20200212060434j:plain

それが、AIの学習なら、これで済みます。写真は当方の学習環境。

f:id:corgi-eric:20200209151937j:plain

  • LenovoのノートPC(作業用)
  • 液晶モニタ31.5インチ(作業用)
  • iPad Pro(講義動画視聴用)
  • 無線マウスとキーボード
  • 机、など

これに加え、各種書籍やネット講座の活用で、自宅で好きな時にマイペースで進めることができます。

理由3:現職にも活かせる

スキル取得後、AIエンジニア職をゼロから探す...ことまでは考えていません。現職で十分活かせると思っています。

といいますのも、先月、参加した日立金属を見学するセミナー。AIの活用事例についても学習していました。

www.masa-nakajima.com

当方も製造業界隈に所属する一人。現時点で、明確な答えが見ているわけではありませんけれども、現職でもAI開発のスキルを活かせる場所はあるはずだと、セミナーから感じ取っています。

学ぶならUdemyだ!

さて、ブログの副題から始まったPython学習。学習環境を構築し、学ぶ理由を書き出してモチベを高めたら次にやるべきは教材探しです。 

f:id:corgi-eric:20200209140924p:plain

https://www.udemy.com/

方々を巡った結果、当方はUdemyにしました。英語の教材が充実してるというのが最大の理由です。実は、英語講座を選んでしまうと、初回割引が無かったりしてお得度がだだ下がりになるのですが、それでも、自分はグローバルに活躍されている方のお話を聴きたいかな。

最初の講座

下のスクショが最初に選んだ講座です。

  • Python for Data Science and Machine Learning Bootcamp

和訳するなら「データ分析及び機械学習のためのPython学習入門」。AIエンジニアに繋げられる第一歩な講座だと思います。学習を進めてみて、またご報告してみたいと思います!

f:id:corgi-eric:20200212064600p:plain

https://www.udemy.com/course/python-for-data-science-and-machine-learning-bootcamp/