未来を変える日記

AIエンジニアとトライアスロン

テンポトレーナーを使って泳いでみた!

f:id:corgi-eric:20200217220457j:plain

 月曜日、今日はとにかく雨だった。当方は、自転車(ママチャリ)通勤なのですが、ギリギリに家を出たため、合羽の準備が間に合わず、そのまま濡れながら自転車に乗ってしまった。

 はは、阿呆です。

整骨院通い

 去年4月の水泳時ターン失敗から続いている左肩のゴリゴリ。整骨院通いは今週も続きます。この所、左肩がスムーズに回ることもあり、少しづつ治ってきているのかも?しれない。

 亜脱臼で肩関節のアライメント(かみ合わせ)が微妙にずれてしまった状態だそうだが、治るのに時間がかかりすぎる。。。。

体重測定

  • 60.8kg

 ジムで泳ぐ前に測定することにしてます。

 60kgが目標体重。この所、60kg超の日が多いので、少々カロリーオーバーかもしれない。夕飯を減らしてみよう。

水泳

 その後は、ジムで水泳。今日の水泳は、先日購入したテンポトレーナーの電子アラームをピッピさせながら。

メニュー

  • ストレッチ、腹筋と体幹トレーニング
  • 巻き足練習:今回も浮けないままだった
  • ビート版キック:25mで力尽きた。
  • バタフライ:65秒/50m
  • クロール:50秒/50m(PB更新)
  • 背泳ぎ:80秒/50m(ターンで手間取る)
  • 平泳ぎ:75秒/50m 

振り返り

 25m以上は息苦しさからペースが落ちてくるが、電子アラーム効果でサボれなくなった( ´艸`)。クロールでPBを更新!他の泳法でもテンポトレーナの効果は絶大だったように思える。

基準タイムとの比較

 さて、今回、四泳法のタイムを計ったので、泳力検定基準タイムと比較する。泳力検定については公式サイトに説明がある(以下引用)。

あなたの水泳能力はどれくらいですか?「泳力検定(Swimming Badge Test)」制度は 公益財団法人日本水泳連盟が1998年(平成10年)に創設しました。 全国統一の泳力基準を定めて水泳愛好者のみなさんに受検していただき、 それぞれの泳力を公式に認定していきます。

https://www.swim.or.jp/badgetest/test_info.php

https://www.swim.or.jp/badgetest/download/criteria_compeJP_2.pdf (基準表)

 同サイトの基準表から40代男子の3級タイムを抜き出し、自身のタイムと比較する。 

泳力検定3級(40代男子)
  • バタフライ:58秒/50m(7秒未達)
  • クロール:55秒/50m(基準クリア!)
  • 背泳ぎ:61秒/50m(19秒未達)
  • 平泳ぎ:66秒/50m(9秒未達)

 水泳界における同基準表の位置づけは良くわからない。ただ、四泳法のスキルバランスを見るには丁度良いように感じている。なので、一先ずは4泳法別に50m基準タイムのある3級と比較するのが良かろうと。

 さて、現時点でクリアしているクロールのみ。逆に、未達度が大きいのは背泳ぎ。

 背泳ぎは、どうしてもターン時に大きくタイムロスしてしまう点が課題。引き続き悩みましょう。