未来を変える日記

UTMFとAIエンジニアを目指す軌跡

長期計画を練り直す(2)- UTMFへの道

f:id:corgi-eric:20200510202600p:plain
Python for Data Science and Machine Learning Bootcamp

5/10日曜日

 本日、Udemyにて学習していた Python for Data Science and Machine Learning Bootcampを終えることができた。AIエンジニアを目指すべく着手した学習教材。以下の通りとなった。

  • 学習期間:99日間(2/1開始 ⇒ 5/10完了)
  • 投資時間:約70時間(その内25時間が講義聴講)
  • 投資費用:23,400円(割引無し!( ̄▽ ̄;))

 さくっと次なる教材に進みたい気持ちもあるけれど、今の当方は、まだまだ機械学習界隈のキーワードが少しわかるようになった程度。この教材からはまだまだ学べる事がある気がしている。
 次に進むのは少し待って、講義資料全体を何度か復習するかな。
 投資額がもったいないからね( ´艸`)

UTMFへの道

 前回の日記(下記リンク)ではステイホーム週間で長期目標を見直した話を記載した。

www.masa-nakajima.com

 主に目指すは次の2つ。

  • AIエンジニア
  • UTMF(1マイル(165km)の長距離トレイルレース)

 今回は3年かけるとしたUTMFへの計画を記載する。当方レベルには、エントリー資格を得るだけでかなりのハードルだ。

出場資格

 今後も同じって保障はないけれど、少なくとも2019年度については以下の通り。

  1. 大会当日に18歳以上の男女で、コースを迷うことなく制限時間内に完走できること。
  2. 大会エントリー開始日の3年前(2016年10月16日)から前日(2019年10月15日)までの間に、国際トレイルランニング協会(ITRA)がポイントを認定しているレースに出場・完走し、最大3レースで10ポイント以上を獲得すること。

REGARDING RACE ENTRIES | ABOUT UTMF | ULTRA-TRAIL Mt.FUJI

 要は、十分な経験を積んで安全にレースを楽しめるようになってからエントリーしてください!ということだと理解する。。
f:id:corgi-eric:20200510204852p:plain

エントリー最短コースはあるけれど

 当初、資格要件のITRAポイントを最短で稼ぐ方法を考えたが、大会趣旨と照らし合わせ、考えを改めた。

  • 十分な時間をかけて準備すべき!

 当方はどこかのチームに所属して居る訳ではない。走るのは基本一人。勇者ご一行様とエンカウントしようものなら成敗される前にさっさと逃げる。はぐれメタルのようなヤツである。
 世の正義なんて糞くらえ!

youtu.be

 冗談はさておき、ソロ活の弱点は他人様からの経験シェアが得にくい所にある。となれば、こうしてブログに綴りアウトプットしながら自ら経験するのが正しい道。
 

  • エントリー最短コースは進むべき道ではない。

具体的なプラン

 最短であろうが、なかろうが、とにかく、ITRAポイントを集めることになる。ドラクエ3のオーブ集めのようなもの。

f:id:corgi-eric:20200510210448j:plain
ドラクエ3より

 ドラクエ3ではオーブを集めると不死鳥ラーミアが蘇り、バラモス城へアクセスできるようになる!一方のITRAポイント。集めるとUTMFへエントリーできるようになる!
 現実もゲームも似たようなもの。

ポイント集め!

 さて、以下の3要件を軸にレースを探した。

  1. 会場アクセスが良い(関東圏内で前泊不要が理想)
  2. ショート、ミドル、ロングの3コースから選べる
  3. ミドル以上のコースでIRTAポイントが付く

 そして、この要件に合致しそうなのは以下の3レース。主にこれら3レースを3年間かけてランクアップしてゆく。

  1. POWER SPORTS | パワースポーツ「2020 OSJトレイルランニングレースシリーズ 第4戦 OSJ奥久慈トレイルレース」
  2. SPA TRAIL / HOME
  3. 上州武尊山スカイビュートレイル・Sky View Trail

 つまり以下の通りとなる。

2021年度(1年目)
  1. OSJ奥久慈トレイル(30km) (2pt)
  2. スパトレイル (38km) (2pt)
  3. 上州武尊山スカイビュートレイル (30km) (2pt)
2022年度(2年目)
  1. OSJ奥久慈トレイル(50km) (3pt)
  2. スパトレイル (56km) (3pt)
  3. 上州武尊山スカイビュートレイル (70km) (4pt)
2023年度(3年目)
  1. OSJ奥久慈トレイル(50km)(3pt)
  2. スパトレイル (72km) (3pt)
  3. 上州武尊山スカイビュートレイル (140km) (6pt)

 当然ですが、新型コロナによる大会・レース自粛モードが終わっているのが前提にはなります。他、(* pt)としているのは、最新のITRAポイント。ITRAのサイトからレース名を(アルファベットで)検索してやると調べることができる。今後変化する可能性もあるので、適宜確認しながら進める必要がある。

f:id:corgi-eric:20200510213126p:plain
https://itra.run/

UTMFの規定では

 最大3レースで10ptとある(2020年度レースの場合)。今後も同じと仮定した場合、2022年度には規定ポイントが揃い、2023年度のレースにエントリーすることが可能となる。
 但しこれは最短コース。

 ここに3年目を追加をして、ロングの経験も積んでから挑もうと考えている。生憎、OSJ奥久慈に50km以上のロングは無いが、2019年度で完走率52%!!という過酷なレースだそうだ。
ameblo.jp

 当方に完走できるかはわからないから、2回挑戦することにしておいた。( ´艸`)

今回はそんなお話ですが・・・

 ポイント集めのレースだけでは経験として不十分(当然)!
 地図読みやらナイトラン、救急救命講習といったサバイバル系のスキルも今後習得が必要になってまいります。
 その辺も計画してますし、おいおい記載しようと思いますが、、、今回の話が何かの参考になれば幸いです!!