未来を変える日記

UTMFとAIエンジニアを目指す軌跡

米国PE資格を更新する話

f:id:corgi-eric:20200520063952p:plain
Stravaのランニングマッチ画面

 ステイホーム週間だった5/5から自宅周辺に3km位のコースを設定しまして、毎回30分同じ場所を走ることにしました。
 理想は4時起床 ⇒ そのまま走る!です( ´艸`)
 
 こうすると、何が良いかというと、Stravaのランニングマッチ機能でペース傾向を分析することができるんです。まだ8回分しかデータは、ありませんが、緩い強度で走れるペースが少しづつ上がってきてるような気も致します。

 さて、今回は米国PE資格の話。

目次:

米国PE資格って何?

 下のような資格です。

米国において、エンジニアとは、州単位の専門資格委員会にて資格を与えられた者になります。エンジニア委員会は、教育、経験そして試験における複数の要件を満たしているPE資格候補者にPE資格を与えます。(和文は当方訳)
https://ncees.org/engineering/ (英語)

 自分は2018年9月に米国テキサス州へ申請し、Mechanical(機械工学)で登録してます。日本における独占業務はありませんが、職業資質の証明書になると考えています。今の場所もいつまで居られるか分かりませんからね。下記動画は米国の方の語る取得メリット。生憎英語ですが、当方と同様の理由(資質の証明になる、努力をした証である、キャリアの選択肢が増える、など)を語られてます。

youtu.be

取得するには?

 以前、当ブログに記述していたのですが、内容を見直したくて今は記事を非公開にしています。今回は取得後の話です。

継続学習が必要

 本資格は、取得して終わり!ではなく、資格維持のため継続的に学習を続けるように!と定められています。
 以下はテキサス州の規定。和文は当方の訳文。

§ 1001.210. CONTINUING EDUCATION PROGRAMS FOR ENGINEERS. エンジニア向け継続教育綱領

  • (a) The board shall recognize, prepare, or administer continuing education programs for engineers. An engineer must participate in the programs to the extent required by the board to keep the engineer’s license.
  • (a) 委員会は、エンジニア向け継続教育綱領を承認、準備あるいは管轄すること。エンジニアは、委員会の要求範囲のプログラムに参加し、自身の資格を維持すること。

https://engineers.texas.gov/downloads/lawrules.pdf

具体的な条件

 続いて、継続学習として認められる条件です。大雑把にですが・・・公式FAQ(URL下記)には以下のように記載されてます。

  • 年間15時間は継続学習を行うこと。
  • 内1時間は技術者倫理(Ethics)を学ぶこと。
  • 学習分野はエンジニアリングに関するものであること。

https://engineers.texas.gov/CEPInfo.htm (英語)

技術者倫理(Ethics)について

 上で強調表示にした技術者倫理は、テキサス州側で無料のWebセミナー(Webinar)を開催してくれています。日本からも参加できます。なお、前回は2020/5/7の朝4時開始。時差は少々辛いですが、無料だし、移動の手間も無いので大変ありがたいです。

https://engineers.texas.gov/webinars.html (英語)

 

当方の場合

 さて、当方ですが、2020年9月で2回目の資格更新となります。

NCEESを活用

 資格更新には、NCEESを活用しています(下記スクショ)。NCEESは、PE資格の試験受験時にお世話になるシステムなんですが、資格管理システムとしても機能します。

f:id:corgi-eric:20200519065821p:plain
継続学習の管理システム

ncees.org

2020年度の教育記録

 今回、秋の更新に備え、次の2つを記録として提出することにしました。

  1. テキサス州政府の技術者倫理のWebセミナー(1時間)
  2. Udemyのオンラインセミナー(25時間)

 学習時間は合計26時間、内1時間が上記1番のテキサス州公式の技術者倫理(Ethics)セミナーになります。残りの25時間はUdemyのPython for Data Science and Machine Learning Bootcamp(Pythonによるデータ分析及び機械学習の入門講義)としました。

機械工学でなくても良いの?

 前述のUdemy講座は、プログラミング(Python)。当方が専門としてテキサス州に登録したMechanical(機械工学)と異なります。学習時間としてカウントされるのか?が気になる所ですが、エンジニアリングに関する内容であればカウントされます。
 テキサス州のFAQには以下のように記載されています。

Q.どのような活動が学習時間として見なされますか?(What activities count?)
A.委員会規則 137.17 (g)は次の通りです。
 本条項137.17(f)に記載されている全て活動は、技術専門職の実務に関連し、教育、技術、倫理、または管理のコンテンツを含むことができる。多くの活動が学習として見なされますが、エンジニアリングに関するもので、教育、技術、マネジメントあるいは倫理作法に関するものである必要があります。
https://engineers.texas.gov/CEPInfo.htm (英語、上記和文は当方訳)

まとめ

 今回は以下について記載しました。

  • 米国PE資格について、
  • その資格維持に必要な継続学習について、
  • テキサス州のケースで
    • 継続学習の条件
    • 当方の2020年度の更新について
    • 学習時間としてカウントされる条件

 なお、本記事で資格取得については未記載としました。これは、また別の機会に執筆したいと思います。何かの参考になれば幸いです!