未来を変える日記

AIエンジニアとトライアスロン

Speedo Lap Swim: 腰を浮かせる水着を導入

  • スイム:1600m(ドリル1000m、インターバル 100 X 6本)
  • ラン:40分(途中で30秒全力 X 8本)

 本日から新たな水着を導入しました。

 こんなやつ。SpeedoのLap Swimというロングジョンタイプの水着になります。男性用サイズM(当方は身長175cm, 体重60kg)で1万5千円位で購入できます。

f:id:corgi-eric:20200618045237j:plain
f:id:corgi-eric:20200618045240j:plain

 トライアスロンといえばウェットスーツ。練習もウェットスーツで行うのが理想なのですが、動画の通りで脱着がかなり大変なシロモノ。

 がさばる上、その後の手入れも必要な消耗品。ウェットスーツを日頃の練習用に毎回毎回プールへ持参するのは現実的ではありません。なにより重装備すぎて、プールで泳ぐ他のスイマーさん達に驚かれてしまう。( ´艸`)

www.youtube.com

 そこで、練習用のウェットスーツもどきとして導入したのが、今回のLap Swimなのです。脚まで覆ってくれるロングジョンモデルな上、腰から太腿にウェットスーツ素材が採用されており、浮力が付きます。ウェットスーツに近い感覚で泳げると見込んでいます。

 海での練習にも使えると思います。海はクラゲとかが怖いので肌の露出を控えたいですからね。

使用してみた感想

 腰から太腿への浮力サポートで下半身と腰が浮き、お水からの抵抗が減って早くなる!と言うほどではなかったです( ̄▽ ̄;) それでも腰回りに浮力が感じられ、自分の姿勢への感度が高くなりました(意識しやすくなった)。

 フォームを見直すきっかけを与えてくれる感じです。

なお、

 スイマー出身でないがトライアスロンしたい人がフォームを改善する水着としては、山本化学工業のゼロポジションが有名みたいです。

www.youtube.com

 対して情報の全くないSpeedo Lap Swim。どちらにしようか?と随分悩みましたネ。結局、下半身を覆ってくれるロングジョンと言う所でLap Swimを選びました。

 何かの参考になれば幸いです。